介護ソフトをお探しのアナタに・・・賢い介護ソフト選び
介護ソフトをお探しのアナタに・・・賢い介護ソフト選び TOP

失敗しない介護ソフト導入のための基礎知識

介護ソフトをお探しのアナタに・・・賢い介護ソフト選び TOP

「介護保険事業を始めたい」
「今使っている介護ソフトをそろそろ変更したいと思って」
「介護ソフトってたくさんあるからよく判らなくて・・・どうやって選べばいいの?」

確かにパソコンで「介護ソフト」を入力すると、実に多くの情報がヒットします。
情報は、多過ぎても少な過ぎても迷うものですね。

介護ソフトを導入の導入を考えた時あなたはどうしますか?

まずネット検索であれこれ物色し、これはと思う複数のメーカーに問い合わせをし、資料を取り寄せて担当者の話を聞き・・・いう流れが考えられます。
しかし綺羅星のごとく多くのメーカーが乱立?する今日この頃ですから、これはと思うソフトを選別をし、問い合わせをする作業だけでも労力がかかり、時間も非常にかかります。

しかもより良いソフトを選ぼうと思えば、複数の候補を選んで比較検討するのは当たり前です。
そうなると手間も苦労も悩みも、全て2倍~3倍~4倍~~~。(笑)

インターネットでは、各メーカーの専用サイト以外に、クチコミ一部のソフトを第三者が優位づけした比較サイトなどがありますが、情報が不十分であったり、順位付けの基準が曖昧で信憑性に疑問を感じたりして、ますます迷いが募る一方だったりしませんか?

導入を考えた時、一番最初に気になるのは『金額』ですか?
それとも『機能や使いやすさ』でしょうか?

いえいえ、それだけじゃありません。
『安全性』や『拡張性』も必要だってこと、ご存知でしたか?

このサイトでは『失敗しない介護ソフト選びのためのヒント』をご案内したいと思います。


介護ビジネス 昨日・今日・明日

『高齢者支援』や『障害者支援』を目的とする介護事業。

日本の現状を考えると、今後ますます介護ビジネスのすそ野は広がる一方だと思われます。

また事業の性質や制度上から、その仕組みはますます細分化・複雑化する一方でしょう。
幸か不幸か、成長事業だからこそ報酬や制度が急激に変わるリスクも含んでいます。

現在、国内の介護サービスの料金は介護保険制度によって決められています。

介護保険は、制度見直しが5年に1回、報酬見直しが3年に1回実施されますが、国の財政如何で介護報酬を削減しようという動きがあれば、利用者はもちろん、介護サービスを運営する企業にも影響が及びます。

もちろん制度の改定の目的は、介護事業の質の向上ですから、悪い事ばかりではないのですが。

「介護事業に打ち込もう!」
「支援の手を尽くしたい」

そう思ってこの介護ビジネスの世界に飛び込んだのに、慣れない事務処理に振り回されてグッタリ・・・。
それでは本末転倒です。
そんな時に役立つのが介護ソフト。
介護ソフトの主目的は「業務効率の向上」です。


介護ソフトを使うメリット

介護ソフトを導入することで得られるメリット。

それは、請求事務の作業内容への負担が大幅にカットされることです。

事務処理が楽になれば、人件費を削減させることも可能です。
特に小規模事業所にとっては、コスト面で非常に大きなメリットとなります。
コスト面だけが問題なのではありません。
人件費を減らすことで、肝心の介護サービスを充実させることも可能となることと思います。
資金繰りに悩みを抱え込んでいたり、膨大な事務処理に振り回される・・・。
そんなことで本業に疎かになるなんてこと、許されません。

また介護ソフトは介護請求事務用ソフトだけでなく、細分化された介護支援に対応したソフトも開発されています。
いずれも介護サービスを円滑に行うことができるように、さまざまな工夫がされた設計がなされているのです。

それらを上手に活用できれば、介護事業の潤滑でゆとりある経営と、介護内容充実の助けになる事でしょう。


介護ソフトについての参考サイト:http://www.kagayakiplan2.com/



 

戻る